不良のこころ。

全く活字など読まない次男三男が、いっきに読み終えた本。

ドロップ!品川ひろし著。

三男はこれで読書感想文を書いた。
「まだ、何枚でも書けるよ」と。
「おかあさんも読んでみ!」と渡された。
数々のいたずらを考えて過ごしてる不良グループの物語。そこには、その中で生きていこうとしてる子供の駆け引きや、隠された家庭生活が描かれてる。普段は漫画ばっかりで、ほんとに活字を読まない人たちを、引き込んだ品川はすごい。

三男は80年代の学ランに憧れている。
学ランで原付に乗ることに憧れてる。
学校ではクラスが荒れている。
不良と普通の狭間にいて、ちょっと目を離すと、よそ道にそれ、驚かされる行動に出てしまう人にとっては、この物語は憧れに違いない。

し・か・し、
そこで同じように品川の本に感動しててはいけない。
というか、感動するところがまだ、わからない。

まじめに大人の話を聞くとか、まじめに行動するとかが、かっこ悪いと思う年頃の人を、大人もあまり説得する事がなくなって、規制も昔より少なくなってる。門限、服装、自分が学生の頃の親はもっともっとうるさかった。柔軟な若い心は、どんな方向にも進む。たとえ今、不良の心が芽生えてても、まじめの心を説得すればきっと、わかる時が来る。自分の子はかわいいけど、盲目な育て方ではだめだ。

不良とは、暇な時間を暇で過ごしたくないから、やんちゃをするのだ。
子供はそう言った。
[PR]
Commented by ゆるるん at 2006-09-23 16:39 x
お笑いの品川正司の1人が書いてるんだよね、
お笑いの人って、意外な才能がある人が多いよね。
人を笑わせるのはカシコクなくちゃダメってことかな?

うちはまだ小学生だけど、じきにputipaさんの気持ちが
私にもわかるようになるんだろうなと思って、読ませてもらいました。
Commented by putipa at 2006-09-24 00:11
>ゆるるんさん。こんばんは!
ひろしのおかあさんはいつも泣いています。
私は泣いてはないけど、兄弟3人の個性にびっくりさせられます。
ゆるるんさんもきっとそうなりますよ。小学生の頃がなんといっても平和かな!
品川ひろしが小説を書けるなんて思えないよね!!
Commented by まみ at 2006-09-25 21:14 x
どんな本なんだろうって思ってた^^
一度読んでみようかな!
確かに、私達が学生の頃はもっと厳しかった。
それよりも不思議なのが、先生と生徒がタメ口で話すって事。
それが悪いとか言わないけど、やっぱり生徒は先生に対して敬語まではいかなくても、ちゃんとした話をしないとダメなんだじゃないかな?
仲が良いのはいいけど、先生は恐い!って思いを少しは持ってないとなぁって思っちゃいました。
高校の先生は恐いみたいだけど。。。
Commented by puti at 2006-09-25 23:04 x
>まみちゃん。
読んでみて下さい。意外とスラスラ読めて、品川を見直しますが、
内容は、不良の日常です。うちの三男は暇なのが嫌いなので、野球とか夢中になるものがないと、横道それていきそう。確かに、中学の頃から先生とはタメ口だよね。高校の先生は厳しいけど、怖くないみたい。担任は若くて優しい感じなので、とにかく頼りなく思ってるよ。
by putipa | 2006-09-22 23:45 | 子育て | Comments(4)

50代働く主婦♪ のんびり日常の出来事の記録簿&THEBOOM 宮沢和史さん応援ブログ


by puti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30