ひとつのドット。

明日生まれてくる人にたくさん楽しい話をしてあげたい。
そして僕が見た美しい景色を全部見せてあげたい。
生まれてきてよかったなといつの日かふと心の中でつぶやいて欲しい。
雄大な大自然を前にして自分の無力さにも気づいてほしい。
今の僕がそうであるように。
そして
明日生まれてくる人よ。
自分のためだけに生きないで欲しい。
僕らはこの景色の中の
ひとつのドットにすぎないのだという大きな大きな役割を慎み深く務めあげたい。
(宮沢和史セーフティーブランケットより)

君の卒業の時に送った言葉。
「いっぱいいっぱい喧嘩しちゃうかもね」って。
そのとおりになったこと、決して、後悔してないよ。
君の場所は、あの場所であり、君というドットがないだけで、世界が違って見える。
早く君というドットが存在することに気づいて欲しい。

d0058675_0293848.jpg
[PR]
by putipa | 2006-08-22 00:30 | 子育て | Comments(0)

50代働く主婦♪ のんびり日常の出来事の記録簿&THEBOOM 宮沢和史さん応援ブログ


by puti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30