さつきとメイの家。

d0058675_0503231.jpg

紅葉のモリコロパークに行って来ました。念願のさつきとメイの家。住みたくなりました。




とっても、ここちよい時間が過ごせました。
今日も、おひとりさま。

またまた、一日時間を潰す必要があったので、どうせ瀬戸まで来たのなら、
楽しく過ごしたいと、計画。
予想以上に楽しい一日でした。
さつきとメイの家は、愛地球博が終わっても、
土日は事前予約なしではなかなかは入れなくて、
何年かたって、当日予約もかなり空いて来た様子なので、いつかは行きたいと念願の場所だった。

GANGAのライブ以来のモリコロパーク。

駐車場で、バスに乗ると便利ということを教えてもらい、いざ。。。

10時に駐車場入り。
10時半のバス乗車。
さつきとメイの家の観覧予約は11時半となりました。

小さなお子様連れやら、紅葉を見に来たご夫婦とかで、なかなかの人出。
来週行われるらしいマラソン大会の練習の人やら。
みんな休日をスローに満喫してる感じ。

15分前に集合。
ガイドさんの案内を聞く。
とっても素敵なガイドさん。
お話に聞き入ってしまった。

映画はもう22年前。
映画の設定は昭和35年。
この家の設定は、おかあさんが元気になって帰ってきた1年後の昭和36年のいえを再現してるそうです。

外観の撮影のみOK。

家は、映画のセット用ではなく、実際住めるように建てられている。
家具の中には、4人分の生活道具がちゃんと入っている。
たんすを開けると昭和の匂いがしますよって。

なんだかすごくわくわくしてた。

いざ、突入。

草壁さんちの門をくぐり、玄関へ。
懐かしい。
親戚の家に来たような感覚に陥る。
子供の頃確かに、こんな感じだった。

ちゃんと生活用品が入ってる。
たんすも押入れも、食器戸棚も。

子供の頃、確かこんな文房具使ってた、こんなバスケットあった。
井戸もある。

ひとりごといいながら、笑顔になってる。

映画が好きな子供以上に、昭和を知ってる私達世代の人が楽しめると思う。

日本庭園では、紅葉がきれいだった。
時間を潰す必要があったので、3周くらい公園を回って、
記念館に入ったり、GANGAライブを思い出したり、
ひとりでおにぎりを食べたり。

たくさん歩いて、森林浴して、リフレッシュしました。

次回は、昭和の感動を分かち合える人と、デジカメ忘れずに持って行こう。
紅葉の時期は最高かもしれない。
[PR]
by putipa | 2009-11-29 00:50 | ぷち旅行 | Comments(0)

50代働く主婦♪ のんびり日常の出来事の記録簿&THEBOOM 宮沢和史さん応援ブログ


by puti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30