つれづれなるままに putipa.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

50代働く主婦♪ のんびり日常の出来事の記録簿&THEBOOM 宮沢和史さん応援ブログ


by puti
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:詩( 17 )


500マイル


次の汽車が 駅に着いたらこの街を離れ
遠く500マイルの 見知らぬ街へ
僕は出て行く 500マイル

ひとつ ふたつ みっつ よっつ
思い出数えて 500マイル

優しい人よ 愛しい友よ
懐かしい家よ さようなら

汽車の窓に 映った夢よ
帰りたい心 抑えて
抑えて 抑えて 抑えて 抑えて
悲しくなるのを 抑えて

次の汽車が 駅に着いたら
この街を離れ 500マイル
[PR]
by putipa | 2016-06-15 01:45 | | Comments(0)

おしゃかしゃま。


病んでるのは。。。誰?



おしゃかしゃま RADWIMPS 歌詞情報 - goo 音楽
おしゃかしゃま RADWIMPS 歌詞情報 - goo 音楽


うちは3世代。
おじいちゃん達がいて、私達がいて、子供達がいる。
年上の意見がいつも正しいとは思わない。

ふと耳にしたラジオから流れた曲。
10代が支持して、リリック部門1位になってた。
初めて聞いた曲。

大人は、しっかりしないとって思った曲です。

「First Love Song」聞いてる母。
「おしゃかしゃま」を聞いてる子供達。

。。。







でもでも、きっとこれが、若さと言うもの。
[PR]
by putipa | 2009-11-07 23:17 | | Comments(0)

スローバラード。


昨日はクルマの中で寝た
あのこと手をつないで
市営グランドの駐車場
二人で毛布にくるまって
カーラジオからスローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感のかけらもないさ
あのこのねごとを聞いたよ
ほんとさ確かに聞いたんだ

カーラジオからスローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感のかけらもないさ
僕ら夢を見たのさ
とってもよく似た夢を
[PR]
by putipa | 2009-05-05 01:04 | | Comments(0)

BELIEVE


たとえば君が傷ついて
くじけそうになった時は
必ず僕が側にいて
支えてあげるよその肩を

世界中の希望乗せて
この地球はまわってる
今未来の扉を開けるとき
悲しみや苦しみが
いつの日か喜びに変わるだろう
I belive in future
信じてる

もしも誰かが君の側で
泣き出しそうになった時は
だまって腕を取りながら
一緒に歩いてくれるよね
世界中のやさしさで
この地球を包みたい
今素直な気持ちになれるなら
憧れや愛しさが
大空にはじけて光るだろう
I belive in future
信じてる

今未来の扉を開けるとき
I belive in future
信じてる
[PR]
by putipa | 2008-10-23 18:54 | | Comments(2)

理由なきもの。


好きと言う気持ちには、理由なんてない。

どうして。
なぜ。
だから。

そんな事考えないで。

胸に。
ハートに。
ここに。

じわじわと。
じーんと。
がつんと来るもの。
暖かくなって来るものを信じよう。

顔を思い浮かべたら、きっと全てがうまくいくようになってる。

きっと。


[PR]
by putipa | 2008-10-16 23:33 | | Comments(6)

親愛なるあなたへ。


それは夏の終わりの事でした
小さな命たくさんの愛育まれ
一人の物語が始まった
平凡だけどそう暖かく
いつでも僕を支えてくれた
大丈夫と優しく微笑みあった
家族があった
ああ指折り数える思い出は
僕の両手じゃすぐ足りなくなって
一緒に過ごし一緒に作った
幸せに感謝込め
愛しい人よあなたに捧ぐ
この想い誰より今あなたに
ここにいる事ここにいれる事
大切に思い日々を送っています
あなたの背中で教わった事
同じ様にそっと伝えられるかな
守るべき命いつかできた時
伝えられるかな
ああ忘れないやすらぎの笑顔を
あの日に流れたあなたの涙を
心に刻んで心に刻んで
僕は歩いていきます
かけがえのないあなたに捧ぐ
この想い誰より今あなたに
すべてをかけて守ってくれた
その想い何よりこの胸に
愛しい人よあなたに捧ぐ
この想い誰より今あなたに
ここにいる事ここにいれる事
大切に思い日々を送っています
それは夏の終わりの事でした
小さな命たくさんの愛
育まれ一人の物語が続いてる

   詩~北川けんいち


[PR]
by putipa | 2008-09-08 00:32 | | Comments(0)



フリージア(HEATWAVE)

夕暮れが君を赤く染める頃
届かぬ言葉は夜空を貫いてゆく
雨に打たれいくつもの苦しみの日々を越え
この野原に君は今生まれ変わる

顔を上げろよベイビー
手に負えなかった夢なのさ
いつか枯れ果てるまで
そこで待っていてくれ

フリージア

人恋しい時は君に会いに行くだろう
一人になりたい時は君と語り合うだろう
裏切られた時はきっと君に感謝するだろう
そして性懲りもなくまた頂きを目指すだろう

忘れないよベイビー
破壊されたのは夢じゃない
いつかまた会えたなら
ぎゅっと強く抱きしめてくれ

フリージア

涙を拭いてくれ
今夜は星がきれいさ
微笑みかけてくれ
君は明日の香りがする

フリージア
[PR]
by putipa | 2008-08-29 00:08 | | Comments(2)

ブルースカイブルー。


あの人の指に絡んでいた
ゴールドの指輪を引き抜き
この僕と共に歩いてと
無茶を言ったあの日
おそれなどまるで感じないで
はげしさが愛と信じた
立ち止まる事も許さずに
傷を付けたあの日
振り向けばあの時の
目にしみる空の青さ思う
悲しみの旅立ちに
眩しすぎた空思い出した

いたずらで人を泣かせるなと
大人から頬を打たれた

あの人も遠く連れ去れ
愛が消えたあの日
少しだけ時が行き
もう過去といえる恋の日々を
青空がつれて来た
もう二度と会えぬあの人だろう
悲しみの旅立ちに
眩し過ぎた空思い出した
青空よ心を伝えてよ
悲しみはあまりにも大きい
青空遠い人に伝えてさよならと

作詞 阿久悠
[PR]
by putipa | 2008-08-06 00:03 | | Comments(0)

毎日いろんなことを積み上げて。
自分で崩したり。
人に崩されたり。

今日から明日になる時。
1つにも満たない事もあるけど。
確実にそれは積み上げられてる。

たとえば、全てを捨てて放浪の旅に出る時。
人生のリセットボタンを押した時。
家族とか家とかなにもかも亡くしたとしても。

それでも人はゼロにはならない。

昨日積み上げた。
自分ひとりで積み上げてきた。
0.000001にも満たないとしても。

昨日より今日。
確実にたしかなものが残っている。

ある日の私は全く自信がなくなって、何のためにここに来たのって。
ある日の私は自信満々に、やはりこれでいいんだって。
足跡を確かめる。
そこにはきっとたしかなものがある。

こころ。
友情。
好きと言う気持ち。
穏やかなもの。

あぁゼロになってしまったと思えても。
きのう積み上げたと言う事実は紛れもない真実。


[PR]
by putipa | 2008-02-24 21:55 | | Comments(0)

あなたに。


人にやさしくされた時 自分の小ささを知りました
あなた疑う心恥じて 信じましょう心から
流れ行く日々その中で変わりゆく物多すぎて
揺るがないものただひとつ あなたへの思いは変わらない
泣かないで愛しい人よ 悩める喜び感じよう
気がつけば悩んだ倍 あなたを大切に思う
ほら 元どおり以上だよ 気がつけばもう僕の腕の中

あなたに逢いたくて逢いたくて
あなたに逢いたくて逢いたくて

眠れない夜 夢で逢えたら考えすぎて 眠れない夜
夢で逢えたら どこへ行こうか?
あなたがいれば どこでもいいよ

あなたに逢いたくて逢いたくて
あなたに逢いたくて逢いたくて
流れ行く日々 季節は変わる 花咲き散ればもとに戻るの
こんな世の中 誰を信じて歩いてゆこう
手を取ってくれますか

あなたに逢いたくて逢いたくて
あなたに逢いたくて逢いたくて



by kiyosaku uezu

[PR]
by putipa | 2007-10-20 23:52 | | Comments(0)